長州路観光連絡会ホームページのトップ > 山陰観光列車○○のはなし

絶景の山陰線を駆ける、観光列車「○○のはなし」

絶景の山陰線や西日本最西端の「響灘」を眺めながら走る、JR 西日本の新たな観光列車「○○のはなし」(まるまるのはなし)が2017 年8月5日より運行開始しました。
今年9 月〜 12 月に開催される「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」にともない、今年1月29日で運行を終了した観光列車「みすゞ潮騒号」を改造した新たな観光列車です。

「○○のはなし」は山陰線 新下関駅〜東萩駅間を、快速列車として、2両編成で土曜・日曜・祝日に1日1往復運行します。

山口県(萩、長門、下関)は、日本と西洋をひき合わせるきっかけとなった歴史が息づくところ。
「西洋に憧れた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」をコンセプトにデザインされています。
幕末維新の歴史や文化、美味しい海の幸やお酒など、見て、聞いて、感じてみたいさまざまな「はなし」があります。美しい海岸線とともに、萩(は)・長門(な)・下関(し)を辿り、思い出に残る『はなし』の旅を楽しんでほしいとの思いが列車名に込められています。

2両からなる車両は和と洋を基調とした別々のデザインとなっており、外装には「洋と和をつないだ海」が2両にまたがり、萩の「夏みかんの花」と、山陰線沿線の海岸沿いに咲く「ハマユウ」が各所にあしらわれています。インテリアは和と洋をイメージした落ち着いた内装デザインで、のんびりと山陰の旅を楽しめます!車内には地元の特産品を販売するカウンターがあり、軽食・スイーツなど山陰の名産品を購入できます。また、眺望の良い3カ所ではそれぞれ1分間ずつ停車するサービスもあります。

さらに事前予約を行えば、料亭古串屋の「夢のはなし弁当」や大谷山荘監修「長門おとずれ弁当」(各2,500 円)のほか、「萩のお猪口とおつまみセット」(1,500円)「萩のスイーツセット」(1,200 円)などを車内で楽しむことができます。

車両外観

「○○のはなし」の外観は、和洋をつなぐ海が2 両にまたがる形で配置され、さらに萩市の果実である「夏みかん」の花と、下関の花である「ハマユウ」が各所にあしらわれます。

インテリア

「○○のはなし」は2つの車両がそれぞれ別のデザインとされ、「西洋に憧れた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」をコンセプトに、1 号車は和をイメージした「木と畳の席」や畳張りの足置、2号車は洋をイメージした「イス・テーブル」席となっています。
各テーブルにはコンセントの用意もあるので、スマートフォンで写真を思い切り撮影しても安心です。日本海の眺望を楽しめるよう窓は大型化され、1号車は海側にカウンター席と4人で座れるボックス席、山側に2人で座れるボックス席を用意。2号車は海側を向いた座席を配置。
沿線の特産品が買える販売カウンターや、イベントスペースも設けられています。

沿線にこだわりの食材を使った「食」も魅力!

絶景の日本海だけではありません。「○○のはなし」のもう一つのお楽しみが、地元こだわりのお弁当!
たとえば、幕末の志士、高杉晋作も愛した下関の老舗料亭「古串屋」の自信作「夢のはなし弁当」や、長門湯本温泉「大谷山荘」の料理長監修による「長門おとずれ弁当」がいただけます。
また、お弁当のほかにも「おつまみセット」や「スイーツセット」もお楽しみください。
車内には、沿線自慢の逸品を集めたカウンターも備えており、旅のお土産もお買い求めいただけます。

運転日

平成29年9月〜平成30年2月の土日祝日(平成30年1月1日は除く)
※新下関〜東萩駅間 1日1往復

2018年2月までの運行日は下記JR 西日本のWEB サイトをご参照ください。
https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/08/page_11075.html

停車駅とダイヤ

料金と購入方法

・全車両指定席となります。
 乗車券 + 指定券で乗車できます。(※新下関〜東萩は乗車券1,940 円+指定券520 円)

・きっぷは乗車日の1か月前の10:00から、全国のJRの主な駅のみどりの窓口・主な旅行会社で
 購入できます。指定席の空席情報は、最寄りの駅でお尋ねください。
 またはWEB「JR おでかけネット」http://www.jr-odekake.net/でも予約できます。

・「お弁当・おつまみセット・スイーツセット」は事前予約が必要です。
 事前予約を行なった上で当日車内で受け取ります(予約は乗車日の3日前まで。車内にて現金支払)。

 

| 長州路観光連絡会ホームページのトップへ  ウィンドウを閉じる |

長州路観光連絡会
 (事務局:下関市役所 観光・スポーツ部 観光政策課)
 〒750-0008 山口県下関市田中町5番6号
 TEL 083-231-1350 / FAX 083-231-1853