MENU
お気に入り登録する

NEWS

2017年12月05日

関門トンネル人道を歩こう!

海峡を歩いて渡ることができるってご存知ですか?
もちろん、海を歩いて渡るわけではなく・・・海の下、海底トンネルを歩くのです。
関門トンネルは二重構造になっていて、上が車、下が人道となっています。
完成したのは昭和33年3月9日。(完成まで21年の歳月がかかっています)
人道入口には、エレベーターがあり、下関側は地下約55m、門司側は地下約60m降ります。
通行料は無料。ただし、軽車両(自転車・原付)は20円の通行料が必要で、どちらも押して歩きます。
観光で訪れる人をはじめ、ウォーキングやジョギングをする人、通勤や買い物に利用する人などたくさんの方が利用されています。

観光で訪れた方に特に人気なのが、山口県と福岡県の県境。県境をまたいで記念写真を撮る方が多いようです。

関門トンネル人道を歩いて、下関側・門司側両方のスタンプを押して、観光案内所にて掲示いただくと、関門トンネル踏破の記念に「関門TOPPA記念証」をプレゼントしています。

一覧へ戻る