MENU
お気に入り登録する

おすすめスポット

高杉晋作終焉(しゅうえん)の地下関駅周辺・彦島

療養中の晋作の身を案じた正妻のマサが看病のため、萩から訪れたことを機に新地の林算九郎(はやしさんくろう)宅に移りましたが、慶応3年(1867)4月14日、明治維新の直前に、27歳の若さで息を引き取りま

名称 高杉晋作終焉(しゅうえん)の地
所在地 下関市新地町
温泉 無し
レンタサイクル 無し
手ぶら観光 無し
ふく福旅行 無し