MENU
お気に入り登録する

おすすめスポット

神上寺(じんじょうじ)豊田エリア

県立自然公園・華山の二合目にある神上寺は、高野山真言宗、山岳霊場として8世紀はじめに開かれた古刹。後に毛利藩主の保護寺となったため、国や県の重要文化財に指定された宝物が多く伝わっています。寺に至る参道は苔むし、境内には雪舟の庭と、四季を通じて訪れる人を心和ませてくれます。特に秋の紅葉は豊田地域一の美しさです。
 

秋の紅葉情報

紅葉風景

しものせきの紅葉スポットとその状況をお伝えします。その他の花木の情報は、下関花暦で確認してください。

【紅葉の時期】
例年、11月中旬~12月上旬
【見どころ】
神上寺は、高野山金剛峰寺派真言宗の名刹で西の高野と称せられ、朝廷諸将藩主の尊崇篤く、幕末まで毛利藩主の保護を受け300石を賜った由緒ある古刹です。境内には仁王門や無明橋、雪舟庭園のほか、国重要文化財や県指定文化財も数多くあります。神上寺の紅葉はもみじ、イチョウが主であり、どれも巨木であるため、見ごたえがあります。なお、お寺では精進料理(要予約)をいただきながら紅葉を楽しむこともできます。

名称 神上寺(じんじょうじ)
所在地 下関市豊田町江良624
電話番号 083-766-0286
アクセス 小月I.Cから車で20分、または美祢I.Cから車で25分/JR小月駅より青海島(西市)方面バス15分「石町」下車徒歩30分
駐車場有り
駐車場台数普通車10台
駐車場料金無料
温泉 無し
レンタサイクル 無し
手ぶら観光 無し
ふく福旅行 無し
料金 無料