MENU
お気に入り登録する

おすすめスポット

牧崎風の公園(まきざきかぜのこうえん)豊北・角島エリア

日本海の風を感じ、景色を一望できるよう、遊歩道が整備されています。夏の景観はもとより、冬場の波の花が飛ぶ様は圧巻です。角島は奈良時代より牛の「牧」があり、そこから牛皮8枚を朝廷に貢進して以来、 「牧」の島として名をはせ、現在も牛の放牧が行われています。公園の岬をぐるりと回る遊歩道を歩くと、のどかな風景に心が洗われます。

花のみどころ

名称 牧崎風の公園(まきざきかぜのこうえん)
所在地 下関市豊北町角島
アクセス JR滝部駅(または特牛駅)からバス40分(または24分)「牧崎公園口」下車、徒歩15分/下関I.Cから車で75分
温泉 無し
レンタサイクル 無し
手ぶら観光 無し
ふく福旅行 無し