MENU
お気に入り登録する

おすすめスポット

巌流島唐戸エリア・巌流島

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地として有名な巌流島は関門海峡に浮かぶ周囲約1.6kmの小さな島です。正式な名称を船島(ふなしま)といい、明治期以降数度のうめ立てで、面積が5倍以上になっています。
諸国をまわったのち小倉の細川家に仕えていた佐々木小次郎に、諸国修行中の宮本武蔵が試合を申し込み、その試合場所に指定されたのがこの島でした。慶長17年(1612年)4月13日の試合当日、約束の時間に遅れて島に着いた武蔵は、船の櫓をけずって作った長い木剣で小次郎を倒したと語られています。敗者である巌流佐々木小次郎の名がこの島に残され、巌流島と呼ばれるようになりました。
現在は、直行便も就航。海沿いの散策道や公園、バーベキュー設備も整備され、ファミリーでも気軽に愉しむことができます。散策道からは見る、関門海峡を行き交うさまざまな船を間近で見ることができ、雄大な景観も魅力です。潮風に吹かれながらの散策もおすすめです。
毎年ゴールデンウイークに開催される「しものせき海峡まつり」では、巖流島フェスティバルのイベントとして、コンサートや宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の再現なども開催されます。

武蔵・小次郎決戦の地

展望広場には三尺一寸(約103cm)の太刀を持つ小次郎と、舟の櫂を削った木刀を振りかざし宙を舞う、荒々しい武蔵の姿を捉えた2体の像が設置され、決闘の場面が甦るような勇壮な景観をお楽しみいただけます。

佐々木巌流之碑

「巌流島」の名前は、敗れた小次郎の剣の流派の名にちなむもの。船島(巌流島の正式名)開削工事の完成記念に建立され、明治43年(1910)当時は島の中央にありました。

巌流島文学碑・木碑

舟をイメージした碑には、画家・古舘充臣氏が描いた武蔵・小次郎の姿と、村上元三作『佐々木小次郎』の一節が刻まれています。側には「巌流島 武蔵小次郎決闘の地 慶長17年4月13日(1612年)下関市大字彦島字船島648 昭和61年3月吉日建之」と書かれた木碑が建てられてます。

名称 決闘の地「巌流島」
所在地 下関市彦島
電話番号 083-231-1350
アクセス 下関唐戸1号桟橋から船で約10分
駐車場無し
その他 巌流島直行便については下記ホームページをご覧ください。
関門汽船(株)ホームページ http://www.kanmon-kisen.co.jp/
温泉 無し
レンタサイクル 無し
手ぶら観光 無し
ふく福旅行 無し
営業時間 巌流島発の最終便に乗船することができなかった場合、翌日まで島内から出ることができなくなる可能性があります。最終便の時刻を十分ご確認下さい。
定休日 なし