MENU
お気に入り登録する

NEWS

2019年12月04日

【静寂のなか佇む古刹「神上寺」】

【静寂のなか佇む古刹「神上寺」】

高野山金剛峰寺派真言宗の山岳霊場として約1300年前に開山された華山に佇む古刹「神上寺」
古来より朝廷諸将藩主の尊崇篤く、毛利藩主の保護寺として300石が奉納されました。仁王門や無明橋、雪舟庭園のほか、曼陀羅といった宝物も伝えられており、多くが国重要文化財や県指定文化財に指定されています。
苔生す参道には、幽玄な世界が広がり、悠久の時を感じさせます。また紅葉も見事で、巨木のモミジやイチョウが深く色づくさまは、多くの人の心を惹きつけてやみません。

○名称 神上寺(じんじょうじ)
○所在地 下関市豊田町江良624
(華山山嶺2合目に位置)
○紅葉見頃 11月中旬?12月上旬
○アクセス 小月ICから車で20分、美祢ICから車で25分
○駐車場 10台
○その他 お寺では精進料理を食べることができます(要予約)
○問い合わせ
神上寺 Tel 083-766-0286
豊田町観光協会 Tel 083-766-0031

一覧へ戻る